上級個人情報保護士認定講習会
上級個人情報保護士認定講習会(全日本情報学習振興協会主催)
マイナンバー実務検定2級以上
           の合格者の方へ
プラチナカードへの申請ができます
上級個人情報保護士
     認定者の方へ
ロゴのダウンロード・認定カード更新はこちら
マイナンバー対応上級個人情報
保護士認定者の方へ
ロゴのダウンロード・認定カード更新はこちら

「改正個人情報保護法」「マイナンバー法の施行」「個人情報保護法の深い理解」について専門の弁護士により徹底的に解説します!

個人情報保護法は平成17年4月の施行以来の大改正が行われました。また長年の懸案であったマイナンバー法が施行され、現在、それらによって日本の個人情報保護法制そのものが大きく変容しつつあります。

そのような状況の中、企業や団体において個人情報保護に関して、より高い知識を持つ有資格者が求められています。そんな中、当協会の「個人情報保護士」は個人情報の取り扱いに関する唯一の本格的専門家を輩出する試験として、企業・団体において定番資格となっています。

しかしながら、一部の有資格者なかには、取得のための教科書や問題集による知識だけで、多岐に亘る個人情報保護法の内容を正しく把握できていない場合があり、発生する事態に的確な対処が行えないケースが有ると見聞いたします。個人情報保護士は今、更に正確かつ深い理解力と実践力を持つ必要性を感じるところです。

それらに対応すべく、個人情報保護士の上位に位置する「上級個人情報保護士認定講習会」は、法律面の知識強化を図る事を目的に、弁護士を講師として招いて2日間で12時間に亘る法律講習により個人情報保護法の徹底理解をはかります。

概要   カリキュラム


全日本情報学習振興協会の主催する本講習会の申込受付および運営等を当法人が請け負っており、資格の認定は主催である全日本情報学習振興協会がいたします。

講習会概要・最新情報

本講習会は 個人情報保護士認定試験の合格者 を対象としています。

  • 日時
  • 【第27回/東京】 平成28年9月15日(木)、9月29日(木)の2日間 締切
    【第28回/東京】 平成28年11月8日(火)、11月15日(火)の2日間
    【第29回/東京】 平成29年2月9日(木)、2月23日(木)の2日間

    時間は2日間とも10時〜18時(レポート作成含む)となります。
    昼食は各自でお取り下さい。
  • 会場
  • 【東京】清話会ビル 全日本情報学習振興協会 7階 大会議室 (千代田区三崎町3-7-12/JR水道橋駅から徒歩2分)地図
  • 講師
  • 中村博弁護士 ロア・ユナイテッド法律事務所 または 坂東利国弁護士 ホライズンパートナーズ法律事務所
    担当弁護士からのメッセージ

    中村 博
    弁護士
    出来るだけわかり易く、個人情報保護法関係の法律を逐条解説させて頂きます。
    法律の理解は条文から始まります。条文は避けて通れません。
    合計12時間の講義となりレジュメと条文の2つと格闘してもらうことになりますが、講義が終了する頃には、程よい満足感を得られるようになっているはずです。

    坂東 利国
    弁護士
    実務においては、試験の解答にあたる「知識」「結論」だけでは問題に対応しきれません。本講習会では、個人情報保護法を基本理念から理解していただきます。また解説にあたっては、実務で問題解決のために不可欠の「道具」となる条文や基本書を重視します。これにより、今後、実際の問題に直面した際に、条文や基本書を活用して対応できるようになることを目指します。また、法の解説にとどまらず、弁護士ならではの実務的なお話しも交えつつ進行したいと考えております。本講習会を通じて、個人情報保護法の実務に強くなりましょう。
  • 受講条件
  • 個人情報保護士認定試験に合格していること
    ※平成28年度の開催に限り、認定カードの有効期限が切れていてもお申込みできます。
  • 受講料
    (税抜)
    • 一般:45,000円  保護士会会員:36,000円 (2日間分)
    ・マイナンバー実務検定 ビデオ講座ver.2 付き(8,000円相当)
    ・カード作成費込み
    ※ご入金後の受講者都合での返金はいたしかねます。
  • 受講者に
    お願い
  • 現在、まだマイナンバー法に関する学習されていない方は、「マイナンバービデオ講座」を提供致しますので自己学習をお勧め致します。
    なお、無料でマイナンバー対応更新講習会(12,000円)を受講できます。ご希望の方は、電話またはメールにてご連絡下さい。
  • 持ち物
    • 受講票
    • 筆記用具類
    ・ 資料となる書籍を持参して頂いても結構です。
    ・ 受講票は開催日の一週間前までにお送りします。
     届かない場合は主催団体の全日本情報学習振興協会までお電話ください。→03-5276-0030
     !)お申込み手続きが開催日一週間以内の場合は、受講票を発送いたしません。
       申込時に自動返信された受付完了のメールをプリントアウトしてお持ちください。
  • 認定
  • 認定審査の条件は、2日間の講習と各日のレポート提出となります。
    認定講習終了後に、レポートと出席状況を確認し、審査に合格された方を「上級個人情報保護士」として認定いたします。
    また、認定者には「認定証書」と「プラチナ認定カード」を発行します。

個人情報保護士のロゴ及びカードデザインの変更について

マイナンバー法に関する知識を出題する本年6月開催の個人情報保護士認定試験と、従来の個人情報保護士認定試験では、法律面の知識に置いて大きな差異が生まれています。そこで、協会では28年度合格者及び、マイナンバー対応保護士更新講習会を受講された方とマイナンバー実務検定2級以上の合格者については、マイナンバー対応保護士であることを示すため、カードとロゴのデザインを変更して、従来のマイナンバー未対応個人情報保護士と、マイナンバー対応保護士の2種類とすることにいたしました。

これに伴い、上級個人情報保護士もその講習内容としてマイナンバー法を盛り込み、平成28年度の認定者(第24回)より、プラチナカードに変更となります。

従来のロゴマークマイナンバー対応
ロゴマーク
従来の個人情報保護士
認定カード
マイナンバー対応
認定プラチナカード

平成27年までに実施の上級個人情報保護士認定の方は、個人情報保護士更新講習会へ参加するか、又はマイナンバー実務検定2級以上を取得することで、上級個人情報保護士のカードもプラチナカードに変更することができます。

上級個人情報保護士の新デザインカード

従来のロゴマークマイナンバー対応
ロゴマーク

  • 上位認定講習の受講資格となります
  • 平成26年1月以降実施の下記認定講習会は、本上級個人情報保護士認定を取得されていることが、受講の条件となります。
     ◆個人情報保護指導者認定講習会
     ◆個人情報保護コンサルタント認定講習会
  • 会員の方のお申込みはこちら
  • 一般の方のお申込みはこちら
カリキュラム
1日目 講習会(10:00〜17:00)
  • 1.番号法(マイナンバー法)総論
  • 社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)とは
  • マイナンバーの利用分野
  • マイナンバーの規制
  • 個人情報保護委員会による監視・監督とマイナポータルによる監視
  • 2.番号法(マイナンバー法)の理解
  • 番号利用法-法の目的,基本理念(1条・3条)
  • 特定個人情報に適用される個人情報保護法(一般法)の規定
  • 用語の定義(2条)
  • 番号カード
  • 個人番号・特定個人情報の保護措置
  • 本人確認の措置(法16条)
  • 行政機関個人情報保護法等の特例等(29条〜35条)
  • 罰則(法51条〜60条)
1日目 レポートの作成・提出(17:00〜18:00)
2日目 講習会(10:00〜17:00)
  • 1.個人情報保護法制について
  • 個人情報保護法制の全体像
  • プライバシーの権利と個人情報保護法制について
  • 2.個人情報保護法について@ (基本法部分)
  • 個人情報保護法の概要と目的
  • 個人情報保護法の諸概念の定義
  • 個人情報保護法の基本理念・国および地方公共団体の責務等
  • 個人情報保護に関する施策等
  • 3.個人情報保護法についてA
       (民間部門に関する一般法部分)
  • 個人情報に関する義務(法15条〜18条部分)
  • 個人データに関する義務(法19条〜23条部分)
  • 保有個人データに関する義務(法24条〜30条部分)
  • 実効性の担保(苦情処理・主務大臣による関与等)
  • 民間団体による個人情報保護の推進(認定個人情報保護団体)
  • 適用除外(法66条関係)
  • 4.公的部門に関する一般法
  • 公的部門に関する個人情報保護法制の構造
  • 行政機関個人情報保護法概略
  • 独立行政法人等個人情報保護法
  • 個人情報保護条例
  • 5.個別法および主務大臣の指針
  • 個別法および主務大臣の指針
  • 電気通信(情報通信)分野、医療分野、金融・信用分野、労働分野
  • 6.コンプライアンス体制の整備と危機管理
  • 個人情報保護法とコンプライアンス体制の整備
  • 個人データ漏えいと危機管理
  • 7.個人情報保護法の改正のポイント
2日目 レポートの作成・提出(17:00〜18:00)

認 定
認定審査の条件は、2日間の講習と各日のレポート提出となります。
認定講習終了後に、レポートと出席状況を確認し、審査に合格された方を「上級個人情報保護士」として認定いたします。
認定者には後日「認定証書」と「認定カード」を発行します。
上記カリキュラムは予定となります。一部変更となる可能性がございますので、ご了承ください。
  • 会員の方のお申込みはこちら
  • 一般の方のお申込みはこちら
お支払い方法について

払込票またはクレジットカードでのお支払いとなります。

払込票の場合...

お申込み完了後、圧着ハガキ形式の払込票を郵送します。この払込票は次の2通りの方法でお支払い頂けます。

  1. コンビニでお支払い…手数料無料です。
  2. 払込票に記載の銀行口座にお振込み…所定の手数料がかかります。お客様負担となりますのでご了承ください。

クレジットカードの場合...

VISA/Master/JCB/AMEX がご利用になれます。

PAGE TOP ▲